コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ええじゃないか踊り ええじゃないかおどり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ええじゃないか踊り
ええじゃないかおどり

慶応3 (1867) 年後半に,名古屋をはじめ,東海道,近畿を中心に,本州,四国にかけて起った大衆の乱舞。新時代の到来を予想した一般庶民の解放感によるもの。伊勢神宮のお札が降ったという噂が発端となって,民衆は「ええじゃないか」の繰返しの入った猥歌を歌って男女を問わず踊り狂い,富豪の家に押入っては金品をもらい受けたりした。京都付近では,倒幕派の志士たちがこの現象を利用して秩序を混乱させ,運動を有利に展開する手段とした。王政復古の頃消滅した。 (→お蔭参り )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ええじゃないか踊りの関連キーワード集合行動オルギー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android