コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

えんす えんす

大辞林 第三版の解説

えんす

( 動サ特活 )
〔「あんす」の転。近世遊里語〕
多く補助動詞として用いられる。…(で)あります。 「永々九郎兵衛殿を囲かくまうて下はつて過分に-・す/浄瑠璃・夏祭」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

えんすの関連キーワードサントリーミュージアム[天保山]リュウキュウタケガイ総動脈幹遺残(症)コンセプシオン火山クロカンブッシュトラノオスズカケオクトリカブトモモトンボ火山独楽・ベエ独楽ヒトツバヨモギコーンクラッチクリームホーンユキノカサガイサクラガンピレオメータースラマト火山通鑑紀事本末スカイベリーコーンカップセトモノガイ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

えんすの関連情報