おまはん

精選版 日本国語大辞典の解説

おま‐はん

〘代名〙 (「おまえさん(御前様)」の変化した語) 対称。江戸時代、おもに遊里ことばとして、芸妓や女郎が客に対して用いた。おもに大坂で用いたが、江戸でも芸妓が一部用いた。
※洒落本・大通契語(1800)「おまはん(お前様)がきさしったら見ておもらいもふそふと思っていた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おま‐はん

[代]《「おまえさん」の音変化》二人称の人代名詞。近世、大坂の遊里で芸妓などが客に対して使ったのがはじめ。
「―もいらざる世話やき爺(ぢぢい)だね」〈滑・浮世風呂・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例