コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おりない おりない

大辞林 第三版の解説

おりない

( 連語 )
〔「御入おいりない」の転〕
「ない」の意の丁寧語。ありません。ございません。 「エウロパノ天下ニコノ人ニマサッテミニクイ者モ-・カッタ/天草本伊曽保」
(補助動詞的な用法)形容詞の連用形、助動詞「で」(またはそれに助詞「は」などの付いたもの)に付いて、打ち消しの意の丁寧語として用いられる。 「わごりをよび出すもべちの事では-・い/狂言・猿座頭」 〔「おりゃる」の打ち消しの言い方。中世後期に多く用いられたが、近世に入ってからは用法が限られるようになる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

おりないの関連キーワード道具落とし・道具落し無保険車傷害保険仮初め・苟且如何な如何な個人輸入つべしい無布施経無霜期間おりない恐らく清清代物用法

おりないの関連情報