かほく市(読み)かほく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

かほく〔市〕
かほく

石川県中央部,日本海に面する市。金沢市まで約 20~25km圏内にある。 2004年3月宇ノ気町,高松町,七塚町が合併して発足。北部の高松地区は江戸時代七尾街道宿場町として栄えた。明治期以後は繊維産業が盛んになり市街化が進んだ。海岸砂丘地ではブドウナガイモ,スイカなどが栽培されている。南北に JR七尾線,国道 159号線,能登道路が通る。面積 64.44km2。人口 3万4219(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かほく市の関連情報