コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七塚(読み)ななつか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七塚
ななつか

石川県中央部,かほく市南西部の旧町域。日本海に面する砂丘上にある。 1940年町制。 2004年高松町,宇ノ気町と合体しかほく市となった。住宅地は海岸沿いに発達,全域が内灘砂丘にあり,ナガイモ,スイカ,イチゴ,ブドウが栽培される。漁業は漁港がないため北部の志賀町福浦を基地としている。合繊広幅織物,ゴム入り細幅織物の機業と撚糸業が盛ん。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七塚
ななつか

石川県中央部、河北(かほく)郡にあった旧町名(七塚町(まち))。現在は、かほく市の西部を占める一地区。旧七塚町は、1940年(昭和15)町制施行。2004年(平成16)河北郡高松町、宇ノ気(うのけ)町と合併、かほく市となる。日本海に面した砂丘上にあり、水田は皆無である。沿岸を国道159号、能登(のと)有料道路が走る。近世は漁業、海運業が行われ、砂丘が畑地化され、その後、ナガイモ、メロン、ブドウ、野菜などが栽培されるようになった。繊維・機械工業が盛んで、ゴム入り細幅織物の産地。漁民は能登半島西側の羽咋(はくい)郡志賀(しか)町の福浦(ふくら)港を基地に大和堆(やまとたい)などへ出漁する。[矢ヶ崎孝雄]
『『七塚町史』(1976・七塚町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七塚の関連情報