コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七塚 ななつか

2件 の用語解説(七塚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七塚
ななつか

石川県中央部,かほく市南西部の旧町域。日本海に面する砂丘上にある。 1940年町制。 2004年高松町,宇ノ気町と合体しかほく市となった。住宅地は海岸沿いに発達,全域が内灘砂丘にあり,ナガイモスイカイチゴブドウが栽培される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七塚
ななつか

石川県中央部、河北(かほく)郡にあった旧町名(七塚町(まち))。現在は、かほく市の西部を占める一地区。旧七塚町は、1940年(昭和15)町制施行。2004年(平成16)河北郡高松町、宇ノ気(うのけ)町と合併、かほく市となる。日本海に面した砂丘上にあり、水田は皆無である。沿岸を国道159号、能登(のと)有料道路が走る。近世は漁業、海運業が行われ、砂丘が畑地化され、その後、ナガイモ、メロン、ブドウ、野菜などが栽培されるようになった。繊維・機械工業が盛んで、ゴム入り細幅織物の産地。漁民は能登半島西側の羽咋(はくい)郡志賀(しか)町の福浦(ふくら)港を基地に大和堆(やまとたい)などへ出漁する。[矢ヶ崎孝雄]
『『七塚町史』(1976・七塚町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七塚の関連キーワードかほく石川県かほく市内日角石川県かほく市気屋石川県かほく市湖北石川県かほく市白尾石川県かほく市多田石川県かほく市谷石川県かほく市夏栗石川県かほく市森石川県かほく市余地

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

七塚の関連情報