コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きしり キシリ

デジタル大辞泉の解説

きしり

[副]
物がきしんで鳴る音を表す語。「棚板がきしりと音を立てる」
すきまなく詰まるさま。ぴったり。きっちり。
「鬂先(びんさき)のみ―ととりまはしたるを」〈色道大鏡・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きしり

( 副 )
(多く「と」を伴って)物のきしる音を表す語。 「廊下が歩くたびに-と鳴る」
ぴったり。きっちり。 「鬢さきのみ-ととりまはしたるを最上とす/評判記・色道大鏡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

きしりの関連キーワード日本のおもな博物館砂川[市]負す・課す三笠(市)太宰春台渡辺惟精歯ぎしり集治監鶯張り錯ふ廊下轔轔

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android