ぎりぎり(読み)ギリギリ

デジタル大辞泉の解説

ぎり‐ぎり[名]

頭頂にあるつむじ。転じて、頭の頂上。
「爪先(つまさき)より―まで打ち込み」〈浄・宵庚申

ぎり‐ぎり[副]

[副]
物が強く擦れ合う音やそのさまを表す語。「歯をぎりぎり(と)食いしばる」
強く力を入れるさま。また、強く巻きつけるさま。「ひもでぎりぎり(と)縛る」
気がいらだつさま。
「もう―して来た葉子は剣を持った声で」〈有島或る女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎりぎり

〔渦をまいていることから〕
頭のつむじ。 「爪先より-まで/浄瑠璃・宵庚申

ぎりぎり

( 副 )
強く力を入れたり、巻きつけたりするさまを表す語。 「 -と力を入れてねじ込む」 「 -(と)しばる」
物が強くふれあう音や、そのさまを表す語。 「 -(と)歯をくいしばる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぎりぎりの関連情報