コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぎりぎり ギリギリ

デジタル大辞泉の解説

ぎり‐ぎり[名]

頭頂にあるつむじ。転じて、頭の頂上。
「爪先(つまさき)より―まで打ち込み」〈浄・宵庚申

ぎり‐ぎり[副]

[副]
物が強く擦れ合う音やそのさまを表す語。「歯をぎりぎり(と)食いしばる」
強く力を入れるさま。また、強く巻きつけるさま。「ひもでぎりぎり(と)縛る」
気がいらだつさま。
「もう―して来た葉子は剣を持った声で」〈有島或る女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎりぎり

〔渦をまいていることから〕
頭のつむじ。 「爪先より-まで/浄瑠璃・宵庚申

ぎりぎり

( 副 )
強く力を入れたり、巻きつけたりするさまを表す語。 「 -と力を入れてねじ込む」 「 -(と)しばる」
物が強くふれあう音や、そのさまを表す語。 「 -(と)歯をくいしばる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぎりぎりの関連キーワードギマランイス・ローザどん詰まり・どん詰り一杯一杯・一盃一盃一杯開き・一盃開き糸島1市2町合併ウイニングエッジ小型一本釣り船タイムリミットボトムライン尾上車山古墳19トン型ブラマンテF1の燃費選挙協力きちきちかすかす連合理論滑り込む総長賭博総画素数

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぎりぎりの関連情報