きらら397(読み)きららさんきゅうなな

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「きらら397」の解説

きららさんきゅうなな【きらら397】

北海道の日本酒。酒名は、原料米「きらら397」をそのまま命名純米酒、本醸造酒がある。仕込み水は徳富(とっぷ)川の伏流水蔵元の「金滴酒造」は明治22年(1889)奈良県十津川村の大洪水で田畑が全滅した後、約600戸の村民が北海道へ移住し、そのなかの9名が発起人となり同39年(1906)創業。所在地は樺戸郡新十津川町字中央。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラス「きらら397」の解説

きらら397

米の品種のひとつ。北海道上川農業試験場で「しまひかり」「キアタケ」の交配により作出。1988年命名。上育397号。名称は、北海道のきらきら輝く雪と、つややかな米のイメージから。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android