くちゃくちゃ(読み)クチャクチャ

デジタル大辞泉の解説

くちゃ‐くちゃ

[副]口の中で物をかむときの音を表す語。「ガムをくちゃくちゃ(と)かむ」
[形動]
形がひどく崩れて、まとまりを失ったさま。また、紙や布などがしわだらけであるさま。「くちゃくちゃな髪」「くちゃくちゃになった紙幣」
物事が混乱してきちんとしていないさま。
「鉛筆で―に書いた手紙を」〈万太郎花冷え
[アクセント]チャクチャ、はクチャクチャ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くちゃくちゃ

[2][1] ( 副 )
(多く「と」を伴って)
口の中で食べ物などをかむときに出る音を表す語。 「 -(と)ガムをかむ」
紙や布などがしわだらけであるさま。くしゃくしゃ。 「紙を-(と)丸める」
雑然としたさま。乱れたさま。くしゃくしゃ。 「 -(と)書きなぐる」
[0] ( 形動 )
に同じ。 「シャツを-にする」
に同じ。 「 -な字」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くちゃ‐くちゃ

[1] 〘形動〙
① 紙、布などが、丸めたりもまれたりして、しわだらけになっているさま。物がもとの形態をとどめぬほどつぶれるさま。くしゃくしゃ
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「こんな唐縮緬(たうちりめん)のくちゃくちゃの帯をしてゐる」
② 転じて、物事が混乱してきちんとしていないさま。めちゃくちゃ。
※おみつさん(1907)〈鈴木三重吉〉一「好(え)え帯ぢゃのにくちゃくちゃに結んでおいでるの」
[2] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 粘り気のある物や柔らかい物が何度もつぶされて立てる音を表わす語。特に、口の中で柔らかい物をかむ音を表わす語。
※浮世草子・好色美人角力(1696頃)五「ねばりあふたる内ももの、出いるうちにくちゃくちゃと、ゑしれぬひびきなりわたり」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉六「口の内でくちゃくちゃ遣って居ますね」
② きちんとしてないさま、混乱しているさまを表わす語。
※福沢先生浮世談(1898)〈福沢諭吉〉「其主人がクチャクチャ芸者と戯れて居る様はない」
③ 気分が憂うつになるさま、すっきりしないさまを表わす語。くしゃくしゃ。
※兄の立場(1926)〈川崎長太郎〉一「又私の神経はクチャクチャした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

くちゃくちゃの関連情報