コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

けたたましい けたたましい

大辞林 第三版の解説

けたたましい

( 形 ) [文] シク けたたま・し
〔「けただましい」とも〕
人を驚かすようなあわただしいようすだ。また、突然大きな音の起きるさま。やかましい。騒々しい。 「 - ・くサイレンを鳴らして消防車が走る」 「 - ・い笑い声」 「余りといへば-・し、今宵一夜は苦しかるまい/浄瑠璃・寿の門松」
ぎょうぎょうしい。 「 - ・しい提灯金棒、ちんからりが面白か/浄瑠璃・関八州繫馬」
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

けたたましいの関連キーワードプラスマイナスちんからりけたたし浄瑠璃

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

けたたましいの関連情報