コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喧しい/囂しい カマビスシイ

デジタル大辞泉の解説

かま‐びすし・い【×喧しい/×囂しい】

[形][文]かまびす・し[シク]《古くク活用であったものが、中世初期ごろからシク活用として用いられたもの》やかましい。かしましい。「―・い蝉(せみ)の鳴き声」「世間の声があれこれと―・い」
「波の音常に―・しく潮、風ことに激し」〈方丈記
[派生]かまびすしさ[名]

やかまし・い【×喧しい】

[形][文]やかま・し[シク]
声や物音などが騒がしい。うるさく、不快である。「工事現場の―・い音」
いろいろの人が話題にして騒がしい。また、評判が高い。「世間が―・い」
こまごまとしていて、めんどうくさい。また、小言が多くてわずらわしい。「何事にも―・い人」「書類の手続きが―・い」
きびしい。「しつけに―・い家庭」「規則が―・い」
好みなどが気むずかしい。「食べ物に―・い人」
煩(うるさ)い[用法]
[派生]やかましがる[動ラ五]やかましげ[形動]やかましさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やかましい【喧しい】

( 形 ) [文] シク やかま・し
〔「いや(弥)かまし(囂)」の転という〕
音や声が大きすぎて、不快に感じられる。さわがしい。 「 - ・い騒音」 「子どもの泣き声が-・い」
世間で人々が口々に言い立てている。 「公害問題が-・く論じられる」 「世評が-・い」
手加減なく相手を拘束しようとするさまである。きびしい。 「規則が-・い」 「しつけに-・い母親」
自分の趣味に固執してあれこれ言い立てるさまである。好みがむずかしい。 「食べ物に-・い人」
煩わしい。面倒だ。 「九月の紋日のお世話を-・しう思召しての事/浮世草子・禁短気」
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

喧しい/囂しいの関連キーワードシク活用シク

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android