コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

騒騒しい ソウゾウシイ

デジタル大辞泉の解説

そうぞう‐し・い〔サウザウ‐〕【騒騒しい】

[形][文]さうざう・し[シク]
物音や人声が多くてうるさい。さわがしい。「室内が―・い」
大きな事件が続いて起こるなどして落ち着かない。不穏である。「世間が―・くなる」
[派生]そうぞうしげ[形動]そうぞうしさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうぞうしい【騒騒しい】

( 形 ) [文] シク さうざう・し
声や音が大きく、ざわざわしている。さわがしい。うるさい。 「 - ・くて勉強にならない」
事件が起こって落ち着かない。平穏な情勢でなく、不安だ。 「地震のうわさで世間が-・い」 〔一般には「騒々」の漢字を当てるが、元来は「怱々」で、歴史的仮名遣いは「そうぞうし」か〕
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

騒騒しいの関連キーワード人声シク

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android