コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こいち こいち

大辞林 第三版の解説

こいち

スズキ目の海魚。全長約50センチメートル。ニベの一種で、体は黄橙色の地に黒褐色の点の斜走帯があり、側線より上方で不規則になる。練り製品の原料となる。南日本から東シナ海にかけ浅海の砂泥底に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

こいちの関連キーワードアララギ(短歌結社雑誌)インスタントラーメン飲み回す・飲回す差し湯・差湯鹿児島(県)大蔵 宏之九十九商会儀式・典礼牧野富太郎相川音頭東シナ海下田天映練り製品薄茶点前宮本小一南日本蓼胡蝶黒褐色茶入れ定廻り

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こいちの関連情報