ころ銭(読み)ころせん

精選版 日本国語大辞典「ころ銭」の解説

ころ‐せん【ころ銭】

〘名〙 中世、日本の流通市場で、欠損がひどく、極端に小形になった粗悪な貨。一説に、洪武銭(こうぶせん)異称。撰銭(えりぜに・えりせん)の対象として排斥された。ほろ。ころ。ころぜに。
※俳諧・犬子集(1633)一五「ながされてゐるはあはれや薩摩がた 鐘のゆつぼへ入るころ銭〈重頼〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ころ銭」の解説

ころ‐ぜに【ころ銭】

洪武銭こうぶせんの異称。
室町から江戸時代、すり減った銭、また、質の悪い銭のこと。ころせん。ころ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android