コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ごすいでん

1件 の用語解説(ごすいでんの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ごすいでん

説経節の曲名。佐渡七太夫の正本で刊行年代は不詳。熊野権現の本縁を説く語り物は中世以来盛んに流布されたが,これは浄瑠璃風に六段に構成している。帝の寵愛を一身に受けたごすいでん(五翠殿)女御は,胎内に子を宿すが嫉妬に狂う后たちの讒言(ざんげん)にあって山中で斬られる。首のない骸(むくろ)から乳を出して,生まれた王子を養育するごすいでんの母性は感動的で,大地の生命力を現し,また,成長した王子が后たちに向かって女人成仏の説教を説くなど女性と熊野の深い因縁を暗示する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ごすいでんの関連キーワード五説経正本説経節しんとく丸説経説経太夫江戸孫四郎佐渡七太夫佐渡七郎太夫若松若太夫(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone