コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

ご[五十音]

」の濁音。軟口蓋の有声破裂子音[ɡ]と母音[o]とからなる音節。[ɡo]ただし、現代共通においては、一般に語頭以外では鼻音の頭音をもつ[ŋo]となる(これを鼻濁音の「ご」ともいう)。

枯れ落ちた松葉
「―を焼(た)いて手拭ひあぶる寒さかな」〈笈日記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

「こ」の濁音の仮名。軟口蓋破裂音の有声子音と後舌の半狭母音とから成る音節。現代共通語では、この音は主として語頭に用いられ、語中・語尾では、その頭子音が軟口蓋鼻音となるのが一般である。これを鼻濁音の「ご」といい、必要に応じ「こ(コ)」に半濁点「°」を付けて示すことがある。 〔奈良時代までは上代特殊仮名遣いで甲乙二類の別があり、発音上区別があったとされる〕

枯れて落ちた松葉。 「 -をたいて手拭ひあぶる寒さかな/笈日記」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ごの関連キーワード上代特殊仮名遣いコーラルリーフ軟口蓋鼻音天人の五衰市民発電所木食応其興山上人ジェミニ三宝院口頭語カルマ養い子皇曽孫ぜいご巡礼歌輯合語お守り東琴五音御物

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ごの関連情報