精選版 日本国語大辞典「ご」の解説

〘名〙 松の枯れた落葉。かき集めて燃料とする時に多くいう。近世には美濃尾張・三河地方の方言となる。こくば。
※宇津保(970‐999頃)紅葉折りしきて、松のこ、くだ物盛りて」
※俳諧・笈日記(1695)中「ごを焼て手拭あぶる寒さ芭蕉〉」
[補注]「宇津保」の例は「松の小菓子」とし、松の葉または実のを模した菓子かとするもある。

語素着物のこと。各地の方言として、「宮詣りご」「祭りご」「正月ご」「盆ご」「嫁入ご」などの形で用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ご」の解説

ご[五十音]

」の濁音。軟口蓋の有声破裂子音[ɡ]と母音[o]とからなる音節。[ɡo]ただし、現代共通語においては、一般に語頭以外では鼻音の頭音をもつ[ŋo]となる(これを鼻濁音の「ご」ともいう)。

枯れ落ちた松葉
「―をいて手拭ひあぶる寒さかな」〈笈日記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android