(読み)コ

  • 五十音
  • 接尾

デジタル大辞泉の解説

五十音図カ行の第5音。軟口蓋の無声破裂子音[k]と母音[o]とからなる音節。[ko]
平仮名「こ」は「」の草体。片仮名「コ」は「己」の初2画。
[接尾]
名詞または動詞の連用形に付く。「こ」の上に促音が加わることもある。
㋐…のこと、…することの意を表す。「あい」「慣れっ
㋑二人以上で同じ動作を互いにすることを表す。「かわりばん」「取りかえっ
㋒二人以上で同じ動作を競い合う意を表す。「駆けっ」「にらめっ
擬声語・擬態語などに付いて、そのような状態である意を表す。「ぺしゃん」「どんぶり
名詞に付く。
㋐小さいの意を表したり、親愛の情を示したりする。「にゃん」「べこっ
㋑話し言葉や俗な言い方として用いられる。「はじっ」「餡(あん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五十音図第2行第5段の仮名。平仮名の「こ」は「己」の草体から、片仮名の「コ」は「己」の初めの2画からできたものである。万葉仮名には2類あって、甲類に「古」「故」「枯」「姑」「固」(以上音仮名)、「粉」(訓仮名)、乙類に「己」「忌」「巨」「去」「居」「許」(以上音仮名)、「木」(訓仮名)などが使われ、濁音仮名としては、甲類に「吾」「呉」「胡」「後」「虞」(以上音仮名)、「籠」「兒」(以上訓仮名)、乙類に「其」「期」「碁」「凝」「語」「御」(以上音仮名だけ)などが使われた。ほかに草仮名としては「(古)」「(許)」「(故)」などがある。

 音韻的には/ko/(濁音/go/)で、奥舌面と軟口蓋(こうがい)との間で調音される無声破裂音[k](有声破裂音[g])を子音にもつ。上代では甲乙2類に仮名を書き分けるが、これは当時の音韻を反映したものと考えられる。

[上野和昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘感動〙 人に呼びかける時のことば。こう。これ。これこれ。
※洒落本・遊子方言(1770)発端「こ。はなのさきへつばきをつけさっしゃい、つけさっしゃい」
〘接尾〙
[一] (「こと」の変化したもの) 名詞または動詞の連用形などに付いて、…のこと、…することの意を表わす。上が促音化することもある。「あいこ」「ほんこ」「馴れっこ」「構いっこ」など。また、「…(っ)こなし」「…(っ)こない」の形で、…しないことを互いに確認する、…するわけがない、…するはずがない、などの意を表わす。
※黄表紙・心学早染艸(1790)中「コレサ、そんなきまらぬ事をいいっこなしさ」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「嘘事(うそっコ)だから是でも能(よい)ねへ」
[二] 動詞の連用形や名詞などに付いて、その動作を二人以上ですることを表わす。上の音が促音化することが多い。
① 二人以上で、同じ動作をお互いにすること。「取りかえっこ」「かわりばんこ」など。
② 二人以上で、同じ動作を同時に、競争して行なうこと。くらべ。くら。「当てっこ」「駆けっこ」「にらめっこ」など。
[三] 特に擬声語、擬態語などの副詞などに付いて、そのような状態であることを示す。「ぺちゃんこ」「どんぶりこ」「ごっつんこ」など。
[四] 名詞などに付いて、小さなものの意を表わしたり、親愛の情を示したりする。「べこっこ」「にゃんこ」など。
※童謡・めえめえ児山羊(1921)〈藤森秀夫〉「藪こあたれば、腹こがちくり」
[五] 名詞に付いて、幼児語または俗語として用いる。「はじっこ」「すみっこ」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

この関連情報