コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

こ[五十音]

五十音図カ行の第5音。軟口蓋の無声破裂子音[k]と母音[o]とからなる音節。[ko]
平仮名「こ」は「己」の草体片仮名「コ」は「己」の初2画。

こ[接尾]

[接尾]
名詞または動詞の連用形に付く。「こ」の上に促音が加わることもある。
㋐…のこと、…することの意を表す。「あい」「慣れっ
㋑二人以上で同じ動作を互いにすることを表す。「かわりばん」「取りかえっ
㋒二人以上で同じ動作を競い合う意を表す。「駆けっ」「にらめっ
擬声語・擬態語などに付いて、そのような状態である意を表す。「ぺしゃん」「どんぶり
名詞に付く。
㋐小さいの意を表したり、親愛の情を示したりする。「にゃん」「べこっ
㋑話し言葉や俗な言い方として用いられる。「はじっ」「餡(あん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

五十音図カ行第五段の仮名。軟口蓋破裂音の無声子音と後舌の半狭母音とから成る音節。
平仮名「こ」は「己」の草体。片仮名「コ」は「己」の初二画。 〔奈良時代までは上代特殊仮名遣いで甲乙二類の別があり、発音上区別があったとされる〕

( 接尾 )
名詞・動詞の連用形に付いて、「こと」の意を表す。 「うそっ-」 「慣れっ-」 「知りっ-ない」 「泣きっ-なしよ」
動詞の連用形に付いて、互いに…する、互いに…して競争するなどの意を表す。 「背中の流しっ-」 「駆けっ-」 「にらめっ-」
擬声語・擬態語に付いて、語調を整えたり、意味を強めたりする。 「ぎっちら-」 「ぎい-ぎい-」 「ぺちゃん-」 「ごっつん-」
名詞に付いて、親しみの気持ちを添える。 「あん-」 「隅っ-」 「根っ-」 〔上の語との間に促音が入ることが多い〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


五十音図第2行第5段の仮名。平仮名の「こ」は「己」の草体から、片仮名の「コ」は「己」の初めの2画からできたものである。万葉仮名には2類あって、甲類に「古」「故」「枯」「姑」「固」(以上音仮名)、「」(訓仮名)、乙類に「己」「忌」「巨」「去」「居」「許」(以上音仮名)、「木」(訓仮名)などが使われ、濁音仮名としては、甲類に「吾」「呉」「胡」「後」「虞」(以上音仮名)、「籠」「兒」(以上訓仮名)、乙類に「其」「期」「碁」「凝」「語」「御」(以上音仮名だけ)などが使われた。ほかに草仮名としては「(古)」「(許)」「(故)」などがある。
 音韻的には/ko/(濁音/go/)で、奥舌面と軟口蓋(こうがい)との間で調音される無声破裂音[k](有声破裂音[g])を子音にもつ。上代では甲乙2類に仮名を書き分けるが、これは当時の音韻を反映したものと考えられる。[上野和昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

この関連キーワード昆布出し/昆布出汁上代特殊仮名遣いこちんこちん金切りのこ盤雪やこんこぺしゃんこ西野山古墳金切りのこもこもこ小松古墳昆布巻き乞食坊主ぽこぽこ皮天麩羅西条嫩子めんこ鉈漬け小栗山軟口蓋古志町

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

この関連情報