コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ささやき竹 ささやきだけ

百科事典マイペディアの解説

ささやき竹【ささやきだけ】

室町時代の物語。に恋慕した鞍馬寺の僧が夜,その親に,竹筒を使って,夢告を装ってささやきかけ,娘を長櫃に入れて鞍馬へ送るようにいう。娘は途上関白によって助け出され,代わりにを入れたので,僧坊は大騒動となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ささやきだけ【ささやき竹】

物語。1巻または3巻。作者不詳。成立は室町時代か。2系統の作品がある。都(または河内)の左衛門尉の娘に懸想した鞍馬寺(または河内の毘沙門(びしやもん)堂)の僧が,竹筒を用いて親に偽の夢告をささやき,娘をひそかに寺へ運ばせるが,娘は途中で関白(または宮内少輔(くないのしよう))に助けられ,牛とすりかわる。寺でははねまわる牛に大騒ぎとなり,娘は助けられた貴公子と結ばれて栄える。堕落僧の失敗を風刺した作といえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ささやき竹の関連キーワード政島検校御伽草子雑談集無住

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android