しがない

精選版 日本国語大辞典「しがない」の解説

しが‐な・い

〘形口〙 しがな・し 〘形ク〙 (「さがなし」の変化した語という)
① 頼りにできないみじめなさまである。転じて、とるにたりない。つまらない。
※洒落本・通仁枕言葉(1781)幾よし屋の坐舗「一も二もねへりくつだのに、あんまりしがねへ、しらを切る」
セルロイドの塔(1959)〈三浦朱門〉六「しがない教師といたしましては」
② 貧しい。乏しい。貧乏たらしい。
※浄瑠璃・妹背山婦女庭訓(1771)二「鹿といふは質置くこと。一体しがないおれなればぶち殺すは常住のこと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「しがない」の解説

しが‐な・い

[形][文]しがな・し[ク]《「さがない」の音変化という》
取るに足りない。つまらない。「―・い職業」
貧しい。みすぼらしい。「―・い暮らし」
[類語](1無意味論外ナンセンス不毛駄目無意義くだらないつまらないろくでもない/(2貧乏まずしい苦しい乏しいプアー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android