不毛(読み)ふもう

精選版 日本国語大辞典「不毛」の解説

ふ‐もう【不毛】

〘名〙
① 土地がやせていて作物などが育たないこと。また、その土地。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)八「艱難を歴試ん為に不毛の地にをく」 〔史記‐鄭世家〕
② 何の進歩も成果もないことのたとえ。
※死の(1960)〈島尾敏雄〉「何のために、こんな危険で不毛な行為を重ねているのか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「不毛」の解説

ふ‐もう【不毛】

[名・形動]
土地がやせていて作物や草木が育たないこと。また、そのさま。「不毛な(の)地」
なんの進歩も成果も得られないこと。また、そのさま。「不毛な議論」
[類語](1荒蕪不食/(2無意味論外ナンセンス駄目無意義くだらないつまらないしがないろくでもない無駄不必要不要不用無用無益あだいたずら徒労無駄足無駄骨無駄骨折り骨折り損不経済二度手間無くもがなあらずもがな無にする無になる無に帰する水泡に帰する水の泡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「不毛」の解説

【不毛】ふもう(まう)

やせ地。荒地。蜀・諸亮〔出師の表〕に五、瀘(ろ)を度(わた)り、深く不毛に入る。

字通「不」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android