論外(読み)ろんがい

精選版 日本国語大辞典「論外」の解説

ろん‐がい ‥グヮイ【論外】

〘名〙
① 議論の範囲。〔俚言集覧(1797頃)〕
② (形動) 論ずるまでもないこと。議論する価値もないこと。問題にならないこと。また、そのさま。
※公議所日誌‐二上・明治二年(1869)三月「臨機の御処置論外なるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「論外」の解説

ろん‐がい〔‐グワイ〕【論外】

[名・形動]
当面の議論に関係のないこと。議論の範囲外。「他の事情は論外に置く」
論じる価値もないこと。もってのほかで話にならないこと。また、そのさま。「金を返さないなんて論外やつだ」「論外な(の)発言」
[類語]無意味ナンセンス不毛駄目無意義くだらないつまらないしがないろくでもない以ての外とんでもない途方もないとてつもないとっぴょうしもないとんだ大それた法外不届き邪道不逞ふてい不埒ふらちけしからん話にならない滅相も無い不始末罪作り言語道断不心得沙汰の限り沙汰のほか非道無道不当不所存あるまじきあろうことか一筋縄ではいかない目に余る横道身の程知らず不届き至極気が知れない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android