無意義(読み)ムイギ

デジタル大辞泉の解説

む‐いぎ【無意義】

[名・形動]意義のないこと。価値がなくつまらないこと。また、そのさま。無意味。⇔有意義
「そんな―な死に方を」〈山本有三・同志の人々〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むいぎ【無意義】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
意味のないこと。何の効果も価値もないさま。 ⇔ 有意義 「 -な行為」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

む‐いぎ【無意義】

〘名〙 (形動)
① 意義がないこと。趣意の立たないこと。価値のないこと。つまらないこと。また、そのさま。
※精神的社会問題、個人の寂寥(1906)〈島村抱月〉「精神的社会主義も此の問題に連ならなければ無意義である」
② 転じて、関心のないこと。また、そのさま。無関心。
※一国の首都(1899)〈幸田露伴〉「是の如く都府に対して無意義なる態度を取る人士のみ多からん結果は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android