コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しこ名 しこな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

しこ名
しこな

力士の呼び名 (名のり) をいう。四股名あて字で,本来は醜名 (しこな,いみな) から,自分を卑下した意味も含まれているという。同時に強いという意味もある。山,川,海,郷里名などにちなんだものが多いが,近年は本名で土俵に上がるものもいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

しこ名
しこな

力士の名のりのこと。古くは「しこ」を醜と書き、強いという意味が醜に共通し、自分を卑下して謙遜(けんそん)する場合にも使われて、「しこの御楯(みたて)」などともいった。平安朝の『大鏡』に、「行成(ゆきなり)が醜名(しこな)呼ぶべきにあらず」とあるように、自分の名を謙称していったことから始まり、強いという意味が含まれているところから、江戸時代に入って「名のり」「綽号(あだな)」といったことばにかわって、のちに力士専用にしこ名という名称が用いられるようになった。出身地の山、川、海などの地名、あるいは強い動物の熊(くま)、猪(いのしし)、鷲(わし)、虎(とら)、また雷(いかずち)、稲妻、大嵐(おおあらし)など、室町時代すでに巡業相撲(すもう)の名のりがみえる。醜名の語源がのちに力士の四股(しこ)踏みの音を借りて、四股名の当て字が用いられるようになった。また芸名ともいわれた。昔から伝わる名跡や部屋の師匠の名を継ぐ風習もある。
 なお、関取以上で本名を名のるのは異例といえる。[池田雅雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

しこ名の関連キーワードドルゴルスレン・ダグワドルジ剣山谷右衛門(2代)ダバァー・バトバヤル玉垣額之助(6代)若乃花幹士(2代)両国梶之助(1)大達羽左衛門吉葉山潤之輔貴乃花光司武蔵川喜偉若乃花幹士稀勢の里寛神風 正一貴ノ浪貞博双羽黒光司中津彦太郎浜田庄吉一代年寄勝名乗り花籠昶光

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しこ名の関連情報