コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すたすた坊主 スタスタボウズ

デジタル大辞泉の解説

すたすた‐ぼうず〔‐バウズ〕【すたすた坊主】

江戸時代、寒中に裸で縄の鉢巻きをし、腰に注連縄(しめなわ)を巻き、扇や錫杖(しゃくじょう)などを持って歌い踊り、物乞(ものご)いをしたこじき僧。上方で、誓文払いに商人の代参をした願人(がんにん)坊主に始まるという。すたすた坊。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すたすたぼうず【すたすた坊主】

江戸時代、京都で、町人の誓文払いに神社に代参し、また垢離こりをとって金品を得た願人がんにん坊主。のちには上方や江戸で、寒中裸で縄の鉢巻きをし腰に注連縄しめなわを巻き、歌い踊りながら門付かどづけをした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のすたすた坊主の言及

【願人坊主】より

…1842年(天保13)の町奉行所への書上には〈願人と唱候者,橋本町,芝新網町,下谷山崎町,四谷天竜寺門前に住居いたし,判じ物の札を配り,又は群れを成,歌を唄ひ,町々を踊歩行き,或は裸にて町屋見世先に立,銭を乞〉とあり,乞食坊主の一種でもあった。その所行により,すたすた坊主,わいわい天王,半田行人(はんだぎようにん),金毘羅(こんぴら)行人などとも呼ばれ,その演じる芸能は願人踊,阿呆陀羅経,チョボクレ,チョンガレなど多種で,後にかっぽれ,浪花節なども派生した。民俗芸能として関東の万作(まんさく)踊,富山県小矢部(おやべ)市に願念坊踊,秋田県南秋田郡八郎潟町の願人踊が残り,歌舞伎舞踊の長唄《まかしょ》や世話物狂言の点景人物に面影を残す。…

※「すたすた坊主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

すたすた坊主の関連キーワード願人坊主江戸時代遊行人誓文払金品門付町人

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android