コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垢離 こり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

垢離
こり

仏教用語。水で清めてあかを取去ること。山伏修験者神仏に祈願するとき,冷水海水を浴びて身を清めることをいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こり【×垢離】

《「かわお(川降)り」の音変化か。「離」は当て字》神仏への祈願や祭りなどの際、冷水を浴び身を清めること。水垢離。→禊(みそぎ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こり【垢離】

水の祓浄力を利用して,不浄をとり去る行為をいう。垢という場合は,仏事を前にして川に入り,洗浄すると理解されている。神道では,一般に(みそぎ)することであり,垢離と禊は,同じ心意の上に成り立っている。《古事記伝》では,垢離を川降りの義だとしている。すなわち,川辺にでて,水を浴びることにより,身体に付着した不浄なものいっさいを,川水に流してしまうと考えられている。垢離の語は,《無量寿経》が出典であり,尊者または清僧となるための修行者に課せられた儀礼であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こり【垢離】

神仏に祈願する前に海水や冷水を浴びて、心身の汚れを落とし、清めること。水ごり。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

垢離
こり

水にて身心の罪穢(つみけがれ)を除き清めるための行為。水垢離(みずごり)、垢離掻(こりかき)などともいう。神仏に詣(もう)でるときや祈願に先だって、水を浴びて身心を清めるもので、禊(みそぎ)の一種。滝や川などで行われることが多い。古くから和歌山県の熊野三社に詣でる熊野詣での垢離をはじめ、富士行者や修験(しゅげん)者などの間に多く行われている。山岳信仰における登拝は、もとは男子のみであったが、第二次世界大戦後は愛媛県の石鎚(いしづち)山その他で女子の登拝が許され、女子の垢離も行われるようになった。垢離をとるときは、裸体または白衣を着用する。垢離の起源は、記紀神話に、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)が、濁穢(けがれ)を除くために禊祓(みそぎはらい)をしたとある故事によるのであろう。[沼部春友]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の垢離の言及

【あか(垢)】より

…水あか,湯あかなどもその例である。神仏に祈る際,冷水を浴びて垢離(こり)をとれば心身が清くなるとした。あかはけがれたものだから,伊弉冉尊(いざなみのみこと)から逃げ帰った伊弉諾尊(いざなぎのみこと)が黄泉(よみ)の国で汚れた身体の禊(みそぎ)をしたとき,八十禍津日神(やそまがつひのかみ)と大禍津日神(おおまがつひのかみ)が生まれた。…

※「垢離」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

垢離の関連キーワード市川 寿美蔵(5代目)三遊亭 円朝(初代)湯川温泉(和歌山県)垢離掻き・垢離搔き湯ノ峰[温泉]すたすた坊主三遊亭円朝湯の峰温泉湯ノ峰温泉西大寺会陽垢離を掻く市川寿美蔵垢離を搔く垢離を取る千里ヶ浜二木島祭闘鶏神社願人坊主川垢離雨乞い

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

垢離の関連情報