せっせっせ(読み)セッセッセ

デジタル大辞泉「せっせっせ」の解説

せっせっせ

女児遊戯の一。二人が向かい合い、をうたいながら互い手のひらを打ち合わせることを繰り返すもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「せっせっせ」の解説

せっせっせ

〘名〙 女児の遊戯の一つ。二人が向かい合い、歌をうたいながら繰り返し互いに手のひらを打ち合わせる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「せっせっせ」の解説

せっせっせ

向かい合った2人が,歌をうたいながら互いに相手の手を打ち合う遊び。まず手を軽く握り合って振りながら〈せっせっせのよいよいよい〉とはやし,自分の手を合わせて終わり,ついで歌に入る。はやしことばには意味はない。歌は文部省唱歌汽車》《茶摘み》や手まり歌などが適宜用いられる。そのリズムに合わせて,互いの両手右手と相手の左手,右手と相手の右手というように手を打ち合い,あるいは特定身ぶりや動作をまじえて進行し,区切りには自分の手を合わせる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android