コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

せっせっせ セッセッセ

デジタル大辞泉の解説

せっせっせ

女児の遊戯の一。二人が向かい合い、歌をうたいながら互いに手のひらを打ち合わせることを繰り返すもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せっせっせ

向かい合った2人が,歌をうたいながら互いに相手の手を打ち合う遊び。まず手を軽く握り合って振りながら〈せっせっせのよいよいよい〉とはやし,自分の手を合わせて終わり,ついで歌に入る。はやしことばには意味はない。歌は文部省唱歌《汽車》《茶摘み》や手まり歌などが適宜用いられる。そのリズムに合わせて,互いの両手,右手と相手の左手,右手と相手の右手というように手を打ち合い,あるいは特定の身ぶりや動作をまじえて進行し,区切りには自分の手を合わせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せっせっせ

児童の遊戯の一。二人で向かい合い、歌を歌いながら、自分の手のひらと、相手の手のひらをリズミカルに打ち合わせるもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

せっせっせの関連キーワード数え唄女児童唄

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android