コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

そしりはしり ソシリハシリ

デジタル大辞泉の解説

そしり‐はしり

《「はしり」は音の似た語を繰り返して意味を強めたものか。一説に「素知り端(は)知り」とも》
物事の一部分。
㋐ちょっとした会話。
「おのれ等が―に、兄弟子の中言(なかごと)を言ひをるか」〈浄・氷の朔日
㋑少しばかり。
「―は、及ばずながら存じてをりまする」〈伎・黄金鱐〉
《「そしり」を「謗(そし)り」と解釈したところから》悪口。
「同じ女中達と寄りこぞって内の事を―さ」〈滑・浮世風呂・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そしりはしり

物事の一部分。片端。 「様々憂き目に逢はつしやる咄の-を聞き/浄瑠璃・夏祭」
そしること。悪口。陰口。 「同じ女中達と寄りこぞつて、内の事を-さ/滑稽本・浮世風呂 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

そしりはしりの関連キーワード中言

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android