陰口(読み)かげぐち

精選版 日本国語大辞典「陰口」の解説

かげ‐ぐち【陰口】

〘名〙 その人のいない所で、その人の悪口を言うこと。また、その悪口。陰言。かくれごと。
浄瑠璃・持統天皇歌軍法(1713)五「思ひ思ひの影口やうてもそしる姑婆

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「陰口」の解説

かげ‐ぐち【陰口】

その人のいない所で、悪口を言うこと。また、その悪口。かげごと。「陰口をたたく」
[類語]悪口わるくち悪態誹謗謗り中傷悪口あっこう雑言罵詈罵詈雑言悪罵嘲罵痛罵怒罵面罵罵倒讒謗悪たれ口憎まれ口悪し様ぼろくそ口汚いくそみそこき下ろすけなくさそしけちを付ける難癖を付ける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android