コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

そそり ソソリ

2件 の用語解説(そそりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そそり

《動詞「そそる」の連用形から》
浮かれ騒ぐこと。
「下京の若手どもが―に目覚めてみれば」〈浮・諸艶大鑑・一〉
遊郭などを浮かれ騒ぎながらひやかしてまわること。また、その人。
「夏になると―ばかり多くって、銭になるやつは少ねえぞ」〈洒・卯地臭意〉
そそり芝居」の略。
「顔見世舞ひ納めの日、―とて…二幕三幕ほど素人狂言をするなり」〈劇場新話・上〉
茶の品質の名称。葉の巻き縮んでいないものを選び揃えた、中等のもの。〈和漢三才図会

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そそり

〔動詞「そそる」の連用形から〕
人の心を浮き立たせること。また、浮かれ騒ぎ。 「下京の若手どもが-に眼覚めてみれば/浮世草子・諸艶大鑑 1
遊里を、浮かれ騒ぎながら、ひやかして歩くこと。また、その人。 「夏になると-ばかり多くつて/洒落本・卯地臭意」
歌舞伎で、千秋楽などに、配役や筋を変えて滑稽に演ずること。そそり狂言。そそり芝居。
茶で、中等のもの。 「年は経れども若森の姿は猶も-の茶/松の葉」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

そそりの関連情報