コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

そそり ソソリ

2件 の用語解説(そそりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そそり

《動詞「そそる」の連用形から》
浮かれ騒ぐこと。
「下京の若手どもが―に目覚めてみれば」〈浮・諸艶大鑑・一〉
遊郭などを浮かれ騒ぎながらひやかしてまわること。また、その人。
「夏になると―ばかり多くって、銭になるやつは少ねえぞ」〈洒・卯地臭意〉
そそり芝居」の略。
「顔見世舞ひ納めの日、―とて…二幕三幕ほど素人狂言をするなり」〈劇場新話・上〉
茶の品質の名称。葉の巻き縮んでいないものを選び揃えた、中等のもの。〈和漢三才図会

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そそり

〔動詞「そそる」の連用形から〕
人の心を浮き立たせること。また、浮かれ騒ぎ。 「下京の若手どもが-に眼覚めてみれば/浮世草子・諸艶大鑑 1
遊里を、浮かれ騒ぎながら、ひやかして歩くこと。また、その人。 「夏になると-ばかり多くつて/洒落本・卯地臭意」
歌舞伎で、千秋楽などに、配役や筋を変えて滑稽に演ずること。そそり狂言。そそり芝居。
茶で、中等のもの。 「年は経れども若森の姿は猶も-の茶/松の葉」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そそりの関連キーワード打ちこずみ止しダブり交い崩えこきしたら削ぎ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

そそりの関連情報