コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

そそり ソソリ

デジタル大辞泉の解説

そそり

《動詞「そそる」の連用形から》
浮かれ騒ぐこと。
「下京の若手どもが―に目覚めてみれば」〈浮・諸艶大鑑・一〉
遊郭などを浮かれ騒ぎながらひやかしてまわること。また、その人。
「夏になると―ばかり多くって、銭になるやつは少ねえぞ」〈洒・卯地臭意〉
そそり芝居」の略。
「顔見世舞ひ納めの日、―とて…二幕三幕ほど素人狂言をするなり」〈劇場新話・上〉
茶の品質の名称。葉の巻き縮んでいないものを選び揃えた、中等のもの。〈和漢三才図会

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そそり

〔動詞「そそる」の連用形から〕
人の心を浮き立たせること。また、浮かれ騒ぎ。 「下京の若手どもが-に眼覚めてみれば/浮世草子・諸艶大鑑 1
遊里を、浮かれ騒ぎながら、ひやかして歩くこと。また、その人。 「夏になると-ばかり多くつて/洒落本・卯地臭意」
歌舞伎で、千秋楽などに、配役や筋を変えて滑稽に演ずること。そそり狂言。そそり芝居。
茶で、中等のもの。 「年は経れども若森の姿は猶も-の茶/松の葉」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

そそりの関連キーワードキャピトル・リーフ国立公園Groupon型サービス早口ことば(早口言葉)グランド・ティートン山ゴーヤーチャンプルーミルフォードサウンドトンチョン(通川)カナイマ国立公園そそり立てるジャンダルム中流の砥柱鳩ノ巣渓谷鵜の巣断崖聖画像論争そそり狂言天竺徳兵衛二上り新内切立てるそそり歌ポルト湾

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

そそりの関連情報