そそり(読み)ソソリ

デジタル大辞泉の解説

そそり

《動詞「そそる」の連用形から》
浮かれ騒ぐこと。
「下京の若手どもが―に目覚めてみれば」〈浮・諸艶大鑑・一〉
遊郭などを浮かれ騒ぎながらひやかしてまわること。また、その人。
「夏になると―ばかり多くって、銭になるやつは少ねえぞ」〈洒・卯地臭意〉
そそり芝居」の略。
「顔見世舞ひ納めの日、―とて…二幕三幕ほど素人狂言をするなり」〈劇場新話・上〉
茶の品質の名称。葉の巻き縮んでいないものを選び揃えた、中等のもの。〈和漢三才図会

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そそり

〔動詞「そそる」の連用形から〕
人の心を浮き立たせること。また、浮かれ騒ぎ。 「下京の若手どもが-に眼覚めてみれば/浮世草子・諸艶大鑑 1
遊里を、浮かれ騒ぎながら、ひやかして歩くこと。また、その人。 「夏になると-ばかり多くつて/洒落本・卯地臭意」
歌舞伎で、千秋楽などに、配役や筋を変えて滑稽に演ずること。そそり狂言。そそり芝居。
茶で、中等のもの。 「年は経れども若森の姿は猶も-の茶/松の葉」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そそり

〘名〙 (動詞「そそる」の連用形の名詞化)
① 抱きあげること。〔言塵集(1406)〕
② 浮かれて騒ぐこと。また、その人。そそりもの。
※評判記・役者評判蚰蜒(1674)伊藤小太夫「くすみつらする祇園のやしやにもそそりをつけ目やみの地蔵のしんきかほもよしにせろ」
遊里や妓楼内をひやかし歩くこと。転じて、遊里に通うこと。また、その人。女郎狂い。そそりもの。そそりびと。
浮世草子・椀久二世(1691)上「日本一のそそりなれば名山の煙立のぼり焼とまる時節は有まじ」
④ さそうこと。あおること。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第一〇「笛上手そそ利の翅飛立て〈遠舟〉 けふの仕懸を見する雲翠簾〈西全〉」
⑤ (「はやくちそそり」の略) 同音が重複して発音しにくい台詞(せりふ)などを、誤らずに早口でいうこと。
⑥ 茶の品質の名称。巻き縮んでいない葉を選びそろえた中等のもの。
※東寺百合文書‐を・宝徳三年(1451)一〇月七日・上久世庄華蔵庵雑具以下目録「ちゃつほ大小〈略〉そそり〈すこし入〉一」
⑦ 「そそりしばい」の略。
※談義本・華鳥百談(1748)四「勧化の移るに、海老がそそりを持込」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

そそりの関連情報