コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

け[五十音]

五十音図カ行の第4音。軟口蓋の無声破裂子音[k]と母音[e]とから成る音節。[ke]
平仮名「け」は「計」の草体から。片仮名「ケ」は「介」の省画から。

け[終助]

[終助]《過去の助動詞「けり」の音変化》形容動詞の終止形、動詞の連用形に付く。なお、形容動詞に付くときは「だっけ」の形をとる。過去のことを詠嘆的に思い返したり、気づいたりする意を表す。→たっけだっけ
「今吉めは此の頃橘町へ来たと言っ―が、またよし町へこしたかな」〈洒・妓者呼子鳥〉
[補説]近世の江戸語から用いられた。打ち解けた話し言葉だけに用いられ、下に「ね」「か」などの終助詞を伴うこともある。「け」が動詞の連用形に付く形は、現代語ではほとんど見られない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

五十音図カ行第四段の仮名。軟口蓋破裂音の無声子音と前舌の半狭母音とから成る音節。
平仮名「け」は「計」の草体。片仮名「ケ」は「介」の終画を省いたもの。 〔 (1) 奈良時代までは上代特殊仮名遣いで甲乙二類の別があり、発音上区別があったとされる。 (2) 片仮名の「ケ」を「箇」に代用することがある。「一ケ年(=一箇年)」「一ケ月(=一箇月)」など。また、連体修飾語を表す格助詞「が」に代用することもある。「霞ヶ関」「八ヶ岳」など。これらの「ケ」は「箇」の略体「个」から出たものである〕

〔過去の助動詞「き」の古い活用形の未然形〕

( 終助 )
〔助動詞「けり」からできたもの。文章語には用いられない〕
形容動詞の終止形、助動詞「だ・た」の終止形で終わる文末に促音を伴って接続する。
話し手の回想を表す。 「よく学校でいたずらをしたっ-」 「そんな話もあったっ-ねえ」 「よく歌を歌ったものだっ-」
質問文に付いて、相手に念を押す気持ちを添える。 「あなたはどなたでしたっ-」 「なんという名前だったっ-」 〔江戸語・東京語では「だっけ」「たっけ」の形しか用いられないが、関東方言では「見えっけ」「言っけ」などと用いることがある。方言の中で、「かい」「かえ」から転じた「け」という形があるが、これとは異なる〕

( 接頭 )
〔近世語〕
名詞や動詞・形容詞などに付いて、あなどりののしる気持ちを添える。 「 -才六」 「 -あなずる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


五十音図第2行第4段の仮名。平仮名の「け」は「計」の草体から、片仮名の「ケ」は「介」の初めの3画からできたものである。万葉仮名には2類あって、甲類に「家」「計」「奚」「鷄」「祁」(以上音仮名)、「異」「來」(以上訓仮名)、乙類に「氣」「既」「居」「戒」(以上音仮名)、「毛」「消」「飼」(以上訓仮名)などが使われ、濁音仮名としては、甲類に「下」「牙」「雅」「夏」「霓」(以上音仮名のみ)、乙類に「氣」「宜」「礙」(以上音仮名)、「削」(訓仮名)などが使われた。(「氣」は清濁両用)。ほかに草仮名としては「(遣)」「(希)」「(氣)」「(稀)」などがある。
 音韻的には/ke/(濁音/ge/)で、奥舌面と軟口蓋(こうがい)との間で調音される無声破裂音[k](有声破裂音[g])を子音にもつ。上代では甲乙2類に仮名を書き分けるが、これは当時の音韻を反映したものとも考えられる。[上野和昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

けの関連キーワードクロックワーク置いてけぼりスチューベン気配・気勢たくりかく乗っける貴田統治差し受く三ツ池町ハンガー形容動詞けやき台若竹町大池町未然形大楽毛朝霜の小池町長池町軟口蓋

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

けの関連情報