コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つづ つづ

大辞林 第三版の解説

つづ

射芸で、矢がすべて的まとに当たること。 「五度の-をし給ひければ、都良香感に堪へ兼ねて/太平記 12
〔射芸で一度に二矢ずつ、五度で一〇矢を射るところから〕 じゅう。とお。 〔日葡〕
〔「つづ(十)やはたち(二十)」の語形で用いられたことから誤解して〕 一九歳。 「 -や廿歳はたちの娘では無し/鉄仮面 涙香

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

つづの関連キーワード大鼓(おおかわ)リーガルパッドフォニックス鼓胴・鼓筒大鼓・大革掛け袱紗呼続ける津津浦浦細腰鼓土大根綴れ衣嘰ろふ四拍子能囃子攻太鼓原綴一調幸流直綴揩鼓

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

つづの関連情報