つづ

精選版 日本国語大辞典の解説

つづ

〘名〙
① 弓で、射た矢がすべて的(まと)にあたること。弓の技量を競うときに、一度に二本、五度の勝負で合計一〇本の矢を射るところからいう。
※太平記(14C後)一二「矢色弦音弓倒し、五善何れも逞く勢有て、矢所一寸ものかす、五度の十(ツヅ)をし給ければ」
② とお。じゅう。十。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ (「つづ(や)はたち」という形で用いられたところから誤って) 一九歳。→つづはたち
※天理本狂言・枕物狂(室町末‐近世初)「こいのれんぼのと云事はつつや廿になる者の事でこそあれ」
※浄瑠璃・摂州合邦辻(1773)下「十九(ツヅ)や二十(はたち)の年輩(としばい)で器量発明勝れた娘」

つづ

〘名〙
① 植物「しろだも」の異名
② 植物「むくろじ(無患子)」の異名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android