ていとう(読み)テイトウ

大辞林 第三版の解説

ていとう

( 副 )
鼓などの鳴る音を表す語。 「 -の鼓の音、さつさつの鈴の声々に/御伽草子・浜出」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てい‐とう ‥タウ

〘名〙 船、特に軍船
※読本・椿説弓張月(1807‐11)前・題詞「衝突勢若潮」 〔広雅疏証‐釈水〕

てい‐とう【蝀・蝃蝀】

〘名〙 虹(にじ)の異称。〔色葉字類抄(1177‐81)〕 〔詩経‐鄘風・蝃蝀〕

てい‐とう

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある) を打ちならす、また、そのように澄んで高く響く音を表わす語。
※一言芳談(1297‐1350頃)下「ていとうていとうと、つづみをうちて」
[2] 〘形動〙 ⇒ていとう(丁東)(一)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android