コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一言芳談 イチゴンホウダン

デジタル大辞泉の解説

いちごんほうだん〔イチゴンハウダン〕【一言芳談】

鎌倉時代の法語集。作者未詳。法然など浄土宗高僧の格言短文を集めたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いちごんほうだん【一言芳談】

鎌倉後期の仏教書。念仏行者の信仰を伝える法語153条を集めたもので,無常の認識と現世の否定に徹すべきことを説くその思想と,簡潔なかなまじりの文章から,中世仮名法語を代表する書とされている。敬仏,法然,明禅ら30余人の法語を収め,《徒然草》に引用されていることから,鎌倉後期の成立と考えられるが編者は不明。先行の《祖師一口法語》と重なる法語が多い。【大隅 和雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いちごんほうだん【一言芳談】

仮名法語。編者未詳。鎌倉末期から南北朝初期に成立。法然・明遍など、中世の念仏行者の言葉を集めたもの。近年、編者に頓阿とんあが擬せられている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一言芳談
いちごんほうだん

浄土往生(おうじょう)を心の支えとして、世俗を捨て去ることを理想とした一遁世者(とんせいしゃ)が、自分の心にかなった法談を編録した書。鎌倉時代後期の成立。主として法然(ほうねん)(源空)の念仏思想の影響を受けた念仏者の法談150余条を収録しているが、教理への関心は薄く、法然の説く本願他力の思想への理解は浅い。しかし、後世(ごせ)を願う念仏によって、名誉や利益に執する心を離れ、現世での生活を、必要の最小限にとどめて過ごすべきことを説いた片言隻句(へんげんせっく)には、世俗の価値観に対する鋭い逆説が語られている。[伊藤博之]
『簗瀬一雄訳注『一言芳談』(角川文庫) ▽宮坂宥勝校注『日本古典文学大系83 仮名法語集』(1964・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

一言芳談の関連キーワード不覚人・不覚仁鎌倉時代勇ましい一部始終文字読み平宗親生女房構へてとかや法談聴衆明遍頓阿平に変改