(読み)ツツミ

デジタル大辞泉の解説

つつみ【堤】

《包むものの意》
水があふれないように、湖沼・川・池などの岸に沿って土を高く盛り上げたもの。土手。堤防。「洪水でが切れる」
水をためた池。ため池。貯水池。
相撲の土俵。
「御前に―かきて、月日山などありける」〈栄花根合

てい【堤】[漢字項目]

常用漢字] [音]テイ(漢) [訓]つつみ
〈テイ〉土手。つつみ。「堤防堰堤(えんてい)・石堤・築堤長堤突堤防波堤
〈つつみ(づつみ)〉「川堤

つつみ【堤】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「堤」姓の人物
堤清二(つつみせいじ)
堤康次郎(つつみやすじろう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つつみ【堤】

〔「包むもの」の意〕
池・川などの水があふれ出ないように、岸に沿って土や石を高く盛ったもの。土手。堤防。 「 -を築く」 「 -が切れる」
水を溜めた池。貯水池。 〔和名抄〕
土俵。 「相撲なども、…御前に-かきて/栄花 根合

つつみ【堤】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

つつみ【堤】

〘名〙 (包(つつ)むものの意)
① 湖沼・川・池などの岸に沿って、水があふれないように土を高く築いたもの。土手。堤防。
※万葉(8C後)一四・三四九二「を山田の池の都追美(ツツミ)にさす柳なりもならずも汝(な)と二人はも」
※源氏(1001‐14頃)夕顔「つつみの程にて、御馬よりすべりおりて」
② 水をためた池。ため池。貯水池。〔十巻本和名抄(934頃)〕
③ 相撲の土俵。
※栄花(1028‐92頃)根合「相撲(すまひ)なども、清涼殿にて中宮は御覧ず。儀式有様さる方に見どころあり。裸なる姿どもの並み立ちたるぞ、うとましかりける。御前につつみかきて、月日山などありけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【堤防】より

…洪水時に河川が平地にはんらんして人家や耕地などに被害を与えることのないように,または舟運や利水のために水路を固定させる目的で,川を一定の河道の中で流れるようにする構造物。堤(つつみ)とも呼ばれ,土でつくった堤防を土堤または土手という。堤防には人工的なもののほか,自然に形成されるものもあり,自然状態にある河川のはんらんによって,上流から運ばれてきた土砂が河岸沿いに堆積し,背後地より若干高くなったところを自然堤防という。…

※「堤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

堤の関連情報