てご

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

てご[その他(工芸)]

九州・沖縄地方、宮崎県の地域ブランド。
小物を入れる背負い式の袋。来歴は不詳であるが、農耕用具としてつくりだされたと考えられている。近隣に自生するを主な材料として使用。細かく裂いた菅を縄状にして編んでつくられる。宮崎県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

て‐ご

〘名〙
① 伊豆七島で、第三番目の女子をいう。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「此嶋にては、長女(そうりゃうむすめ)をにょこ、二女(にばんむすめ)をなか、三女(さんばんむすめ)をてこ、四女をぐす、〈略〉など呼びて」
② 末の子をいう。多く関東地方で用いる語。〔物類称呼(1775)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

てごの関連情報