コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てんぐ巣病 てんぐすびょうwitches’ broom

世界大百科事典 第2版の解説

てんぐすびょう【てんぐ巣病 witches’ broom】

小枝や葉が異常に密生する植物の病気をいう。樹木の高い枝に出ると鳥の巣またはヤドリギに似た外観となり,ドイツ語などでは〈魔女のほうき〉と呼ばれる。サクラてんぐ巣病子囊菌類の1種Taphrinaの寄生によって起こり,発病の多いソメイヨシノでは〈天狗巣ははやくも青い葉を出し〉(宮沢賢治)と歌われたように,開花期に病枝だけ葉を密生するのでよく目だつ。モミ類やアスナロのてんぐ巣病は銹病菌(担子菌)によって起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

てんぐ巣病
てんぐすびょう

多くの植物に発生する病気で、病患部から多くの細い枝が群がり出て、天狗(てんぐ)の巣のような症状を呈するため、てんぐ巣病といわれる。欧米ではwitches' broom(魔女の箒(ほうき))とよばれる。病原の種類は植物の種類によってそれぞれ異なっているが、次のように分けることができる。(1)ファイトプラズマの寄生によるもので、サツマイモ、マメ類、ミツバ、キリなどに発生。主としてヨコバイ類によって媒介される。(2)子嚢(しのう)菌類のタフリナTaphrina属の寄生によるもので、サクラ類、カンバなどに発生。とくにサクラてんぐ巣病(T. wiesneriによる)は発生も多く、よく知られている。タケ類てんぐ巣病は、同様に子嚢菌類の寄生によるが、病原菌の属はまったく異なる。(3)担子菌類サビ菌目の菌の寄生によるもので、モミ(Melampsorella caryophyllacearumによる)およびアスナロ(Blastospora betulaeによる)などのてんぐ巣病が代表的なものである。(4)担子菌類餅(もち)病菌の寄生によるものでは、ツツジてんぐ巣病(Exobasidium pentasporiumによる)がある。
 防除法は病原の種類によって異なり、ファイトプラズマによるものは、殺虫剤を散布して媒介虫を殺す。サクラなど糸状菌の寄生によるものは、病枝をそのすぐ下にあるこぶとともに切り落としてTPN剤などの殺菌剤を散布する。[梶原敏宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のてんぐ巣病の言及

【銹病】より

…前述のように,銹病は葉のさび様の胞子塊が特徴であるが,中には変わった病状を伴うものがある。マツのこぶ病では幹が丸くふくれ,アオモリトドマツのてんぐ巣病では細い枝が密生する。銹病防除には一般に硫黄剤が有効であるが,中間寄主の撲滅も重要な課題で,ナシ園周囲約1kmのビャクシン類栽植を規制する条例をつくっている市がある。…

※「てんぐ巣病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

てんぐ巣病の関連キーワードマイコプラズマ様微生物サイトカイニンタフリナキン白井光太郎菌こぶサクラさび病マツ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android