コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とけい座 とけいざ Horologium

2件 の用語解説(とけい座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

とけい座
とけいざ
Horologium

時計座。1752年ニコラ・ルイ・ド・ラカイユによってつくられた南天の星座。概略位置は赤経 3時20分,赤緯-52°。1月上旬の宵に南中する。α星は 3.8等。R星は周期 403日の長周期変光星

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

とけい座
とけいざ / 時計座

冬の宵の南の地平線上、エリダヌス座の南隣に接する星座。東京付近では北半分を、沖縄付近まで南下するとほぼ全景を見ることができる。18世紀のフランス天文学者N・L・ラカイユが、もともと星座のなかった部分を割いて考案し、1763年に発表したものである。4等星以下の暗い星ばかりのため、ラカイユの南天星図のなかに描かれている振り子時計の姿を想像するのはむずかしい。[藤井 旭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とけい座の関連キーワード時計座誇らかししこらか・す聖ニコラス大聖堂セントニコラス要塞時計仕掛脹らかニコラス・コペルニクスニコラス展望タワーとけい座(時計座)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone