コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振(り)子時計 フリコドケイ

デジタル大辞泉の解説

ふりこ‐どけい【振(り)子時計】

振り子の等時的振動を利用し、歯車や針を動かすようにした時計。振り時計。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

振子時計【ふりこどけい】

振子の等時性を利用した機械時計。振子の等時性を発見したのはガリレオで,1583年ごろといわれているが,これを実際に時計に応用して精度のよい振子時計を完成させたのはホイヘンスである。
→関連項目掛時計

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の振(り)子時計の言及

【時計】より

…その代表的なものは,振子,てんぷとひげぜんまい,アンクル脱進機である。ガリレイが振子の等時性を発見したのは1583年ころであるが,実際に精度のよい振子時計を完成したのはホイヘンスであり,1659年のことであった。腕時計の心臓といわれるてんぷ,ひげぜんまいの考案もホイヘンス(1675)の名誉に帰せられているが,弾性の法則で有名なフックも同じころにこの発明に成功していたといわれる。…

※「振(り)子時計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

振(り)子時計の関連キーワードラルフ・アレン サンプソンとけい座(時計座)タイムレコーダー標準時計ぜんまい水晶時計

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android