とことんやれ節(読み)トコトンヤレブシ

大辞林 第三版の解説

とことんやれぶし【とことんやれ節】

明治時代に流行した軍歌。1868年(明治1)官軍東征の際、参謀品川弥二郎が作詞し、祇園の芸者君尾(一説に大村益次郎)が作曲。東征大総督有栖川宮をさす「宮さん宮さん」で始まる。とんやれ節。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とことんやれ‐ぶし【とことんやれ節】

明治初年の軍歌。のち流行歌となる。「宮さん宮さん」で始まり、最後に「とことんやれとんやれな」というはやしことばがつく。「宮さん」とは東征大総督有栖川宮のこと。明治元年(一八六八)官軍東征のとき、奥羽鎮撫総督参謀品川彌二郎が作詞し、大村益次郎(一説には祇園芸者君尾)が作曲して、調練太鼓に合わせてうたったものに始まるという。とんやれぶし。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android