コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とことんやれ節 トコトンヤレブシ

デジタル大辞泉の解説

とことんやれ‐ぶし【とことんやれ節】

明治初年に流行した「とことんやれとんやれな」という囃子詞(はやしことば)を添える俗謡。明治元年(1868)官軍東征のとき、参謀の品川弥二郎が歌詞を作り、大村益次郎一説には祇園の芸妓君尾)が節をつけて歌わせたといわれる。とんやれ節。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とことんやれぶし【とことんやれ節】

明治時代に流行した軍歌。1868年(明治1)官軍東征の際、参謀品川弥二郎が作詞し、祇園の芸者君尾(一説に大村益次郎)が作曲。東征大総督有栖川宮をさす「宮さん宮さん」で始まる。とんやれ節。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

とことんやれ節の関連キーワード明治時代軍歌

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android