コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぬっぺり ヌッペリ

デジタル大辞泉の解説

ぬっぺり

[副](スル)
顔かたちは整っているが、しまりのないさま。のっぺり。
「―した俳優(やくしゃ)同様の者と」〈饗庭篁村・当世商人気質〉
ずうずうしいさま。ぬけぬけ。
「誕生の御子を御世継と、―とはぬかせども」〈浄・本朝三国志〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬっぺり

( 副 ) スル
顔だちは整っているが、しまりのないさま。きりっとしていないさま。のっぺり。 「 -(と)した顔」
そしらぬふりで物事をするさまを表す語。ぬけぬけ。 「今の世界はひづみ返つた髭抜鏡、うはべは-裏はびつくり/浄瑠璃・布引滝」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぬっぺりの関連キーワード能平・濃餅・濃餠浄瑠璃

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android