ほうじ(焙)茶(読み)ほうじちゃ

百科事典マイペディアの解説

ほうじ(焙)茶【ほうじちゃ】

番茶を焙じたもので,熱湯を注ぎ飲用。タンニンは多いがカフェインは比較的少なく,独特の香味をもつ。そのつど焙じるのが最上であるが,市販品もつくられている。
→関連項目番茶緑茶

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android