ぼいん

精選版 日本国語大辞典「ぼいん」の解説

ぼいん

[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用る) 勢いよくなぐったり、投げとばしたりするさまを表わす語。「ぼいんとなぐる」
[2] 〘名〙 大きな乳房をいう俗語。
※孤狼は挫けず(1968)〈大藪春彦〉秘密指令「バスト百二十センチの超ボイン・グラマー」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「ぼいん」の解説

【暮】ぼいん

夕かげ。

字通「暮」の項目を見る

印】ぼいん

印璽に用いる書体許慎〔説文解字叙〕爾(そ)れよりの書にり。~四に曰く蟲書、五に曰く。~新居攝、~時に六書り。~五に曰く繆篆(びうてん)、印する以(ゆゑん)なり。

字通「」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android