コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぼんとく蓼 ボントクタデ

デジタル大辞泉の解説

ぼんとく‐たで【ぼんとく×蓼】

タデ科の一年草水辺に生え、高さ約70センチ。茎は紅紫色で節が膨らむ。葉は広披針形黒斑がある。秋、淡紅色の小花穂状にまばらにつける。ヤナギタデに似るが、葉に辛味はないので「ぼんとく」(愚か者の意「ぼんつく」の音変化)の名がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼんとくたで【ぼんとく蓼】

タデ科の一年草。水辺に生える。茎は高さ約60センチメートル、赤色を帯びる。葉は披針形で、上面に濃い斑紋がある。秋、淡紅色の小花を穂状花序にまばらにつける。「ぼんとく」は愚か者の意の「ぽんつく」の転で、辛みがなく刺身のつまなどに利用できないことによる名という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぼんとく蓼の関連キーワード穂状花序タデ科赤色つま上面辛み

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android