コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぼんとく蓼 ボントクタデ

2件 の用語解説(ぼんとく蓼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼんとく‐たで【ぼんとく×蓼】

タデ科の一年草。水辺に生え、高さ約70センチ。茎は紅紫色で節が膨らむ。葉は広披針形で黒斑がある。秋、淡紅色の小花を穂状にまばらにつける。ヤナギタデに似るが、葉に辛味はないので「ぼんとく」(愚か者の意「ぼんつく」の音変化)の名がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼんとくたで【ぼんとく蓼】

タデ科の一年草。水辺に生える。茎は高さ約60センチメートル、赤色を帯びる。葉は披針形で、上面に濃い斑紋がある。秋、淡紅色の小花を穂状花序にまばらにつける。「ぼんとく」は愚か者の意の「ぽんつく」の転で、辛みがなく刺身のつまなどに利用できないことによる名という。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone