コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳蓼 ヤナギタデ

デジタル大辞泉の解説

やなぎ‐たで【柳×蓼】

タデ科の一年草水辺に生え、高さ40~60センチ。に似て細長い葉を互生し、鞘(さや)状の托葉(たくよう)をもつ。夏から秋、白い小花をまばらな穂状につける。葉に辛味があり、香辛料とする。ほんたで。またで。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やなぎたで【柳蓼】

タデ科の一年草。水辺に多い。高さ約50センチメートルで、全草に辛みがある。葉は披針形。夏から秋にかけ、枝頂や葉腋から花穂を立て、緑黄色の小花をまばらにつける。葉を香辛料とする。本蓼ほんたで。真蓼またで

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

柳蓼 (ヤナギタデ)

学名:Persicaria hydropiper var.hydropiper
植物。タデ科の一年草,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

柳蓼の関連キーワード美都多天利根草披針形八穂蓼緑黄色紅蓼川蓼賢草葉腋花穂辛み真蓼

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android