柳蓼(読み)ヤナギタデ

大辞林 第三版の解説

やなぎたで【柳蓼】

タデ科の一年草。水辺に多い。高さ約50センチメートルで、全草に辛みがある。葉は披針形。夏から秋にかけ、枝頂や葉腋から花穂を立て、緑黄色の小花をまばらにつける。葉を香辛料とする。本蓼ほんたで。真蓼またで

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

柳蓼 (ヤナギタデ)

学名:Persicaria hydropiper var.hydropiper
植物。タデ科の一年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やなぎ‐たで【柳蓼】

〘名〙 タデ科の一年草。各地の河川のほとりや湿地に生える。高さ四〇~六〇センチメートル。葉は広披針形で両端がとがり、小腺点が密生する。秋、枝先に穂状の花穂を出し、白色でやや紅色を帯びた(がく)を持つ小花をまばらにつける。葉に辛味があり、食用とされる。ふつう食用とされるアザブタデ、イトタデなどはこの種から出たものである。漢名、水蓼。ほんたで。またで。《季・夏》 〔物品識名(1809)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android