コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まらする マラスル

デジタル大辞泉の解説

まら・する

[動サ下二・サ変]《「まいらす」の連体形「まいらする」の音変化。連用形に「まらし」の形現われ、サ行変格活用としても用いられ、終止形も「まらする」が普通となった》
「やる」の意の謙譲語。差し上げる。
「この金を―・せん」〈蒙求抄・八〉
(補助動詞)動詞の連用形に付く。
㋐謙譲の意を表す。お…いたす。…もうしあげる。
「ともかくも頼み―・する」〈虎明狂・犬山伏〉
㋑丁寧の意を表す。…ます。
「ソレガシモ子供ヲ引キ具シテヤガテ参リ―・セウズル」〈天草本平家・二〉
[補説]古くは下二段型、のち連用形「まらし」が生じ、サ変型の活用に移った。中世後期以降、1の用法はみられなくなり、意味も近世以降、2㋑がもっぱらとなる。また、2の用法は「まっする」から「まする」「ます」となり、現代語の「ます」につながる。2を助動詞とする説もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

まらするの関連キーワード補助動詞まっするまする謙譲語何とます中中補説サ変用法段半申し