サ行変格活用(読み)サギョウヘンカクカツヨウ

デジタル大辞泉の解説

さぎょう‐へんかくかつよう〔さギヤウヘンカククワツヨウ〕【サ行変格活用】

動詞の活用形式の一。語形が、文語では「せ・し・・する・すれ・せよ」、口語では「し(せ・さ)・し・する・する・すれ・しろ(せよ)」のように、文語では五十音サ行のシ・ス・セ三段の音で、口語ではサ・シ・ス・セ四段の音で語形変化する類例のない活用。この活用をする動詞は、文語では「(為)」「おはす」、また、中古の「います」、口語では「する」だけであるが、和語・漢語・外来語や、名詞・副詞など他の品詞の語について、多くの複合動詞がつくられる。「恋す(る)」「啓す」「熱する」「びくびくする」「ドライブする」など。「甘んずる」「応ずる」などザ行に活用するものも含む。サ変

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さぎょうへんかくかつよう【サ行変格活用】

動詞の活用形式の一。口語の「する」、文語の「す」、およびそれらと複合してできた動詞にのみみられるもの。口語では「し(せ・さ)・し・する・する・すれ・しろ(せよ)」、文語では「せ・し・す・する・すれ・せよ」と活用する。サ行変格。サ変。 → 変格活用する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さぎょう‐へんかくかつよう さギャウヘンカククヮツヨウ【サ行変格活用】

〘名〙 動詞活用の一つ。文語では「す(為)」、口語では「する」の活用で、サ行で三段に変化する。すなわち、文語「せ・し・す・する・すれ・せよ」、口語「し(せ・さ)・し・する・する・すれ・せよ(しろ)」。この動詞は動詞、形容詞や和語の名詞、漢語その他の外来語と複合するが、その活用は同様である。「心す」「与(くみ)す」「重んず」「愛す」「キャッチする」など。ただし、口語ではザ行上一段(「命じる」「軽んじる」)、サ行四段(「愛す」「訳す」)などに変化していく傾向の顕著な類がある。サ行変格。サ変。〔語彙別記(1871)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のサ行変格活用の言及

【活用】より


[活用の型]
 現代の口語では,大別して動詞型,形容詞型,ダナ型,特殊型の4種になる。動詞型には,(1)終末の音節の母音が交替することを主とするもの(五段活用),(2)一定の音節連続の後にル・レ・ロなどを交替添加また不添加することによるもの(上・下一段活用),(3)両者の混合によるもの(カ行変格・サ行変格活用)がある。形容詞型は,イ・ク・ケレなどの交替添加による。…

※「サ行変格活用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android