もくもく

精選版 日本国語大辞典「もくもく」の解説

もく‐もく

〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 煙・雲などが、重なり合うように盛んにわきおこるさまを表わす語。
※春潮(1903)〈田山花袋〉一三「湯のを伝ふ音と、水のもくもくと湧出る音とが」
② 一部分が盛り上がったり、うごめいたりするさまを表わす語。
※異端者の悲しみ(1917)〈谷崎潤一郎〉五「もくもくと肩の筋肉を強直させて」
③ ふんわりしてふくらんでいるさま、肥えふとっているさまを表わす語。
※日本橋(1914)〈泉鏡花〉二九「見上げるばかり大いのが、もくもくとして肩も胸も腹もなく、づんぐり腰の下まで着こんだのは」
④ 柔らかく、暖かい感じ、快く、暖かく包みこまれるような感じを表わす語。
※千鳥(1906)〈鈴木三重吉〉「自分はもくもくと日のさした障子を見つめて」
⑤ 物をほおばって口を動かすさまを表わす語。もぐもぐ。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「押丁は口をモクモク動かしながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「もくもく」の解説

もく‐もく

[副](スル)
煙・雲などが次から次へとわき出るさま。「もくもく(と)煙が立ちのぼる」
一部分が盛り上がったり、うごめいたりするさま。「布団がもくもくと動く」
物をほおばって口を動かすさま。もぐもぐ。
「母は―と…御所柿の一片を前歯で噛んでいた」〈上司・石川五右衛門の生立〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android