コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ものから モノカラ

2件 の用語解説(ものからの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ものから[接助]

[接助]《形式名詞「もの」+格助詞「から」から》活用語の連体形に付く。
逆接の確定条件を表す。…けれども。…のに。…ものの。
「月は有明にて光をさまれる―、影さやかに見えて、なかなかをかしきあけぼのなり」〈・帚木〉
理由・原因を表す。…ものだから。…ので。
「莵道(うぢ)の王(きみ)…みづから宝算(よはひ)を断たせ給ふ―、やんごとなくて兄の皇子御位につかせ給ふ」〈読・雨月・白峯〉
[補説]2は「から」からの類推により中世末に生じ近世擬古文に多く用いられる用法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ものから

( 接助 )
〔形式名詞「もの」に名詞「から(故)」が付いたものから。上代から見られるが、上代ではまだ二語としての意識が強く、中古に至り一語の接続助詞としての用法が成立した〕
活用語の連体形に接続する。
既定の事柄を条件として示し、逆接的に下に続ける。けれども。ものの。のに。 「待つ人にあらぬ-初雁のけさ鳴く声のめづらしきかな/古今 秋上」 「月は有明にて光をさまれる-、影さやかに見えてなかなかをかしき曙なり/源氏 帚木
既定の順接条件を表す。…なので。…だから。 「さすがに辺土の遺風忘れざる-、殊勝に覚えらる/奥の細道」 「みづからよはひを断せ給ふ-、罷事やんごとなくて兄の皇子御位に即せ給ふ/読本・雨月 白峯」 〔は中世から見られるが、近世の擬古文では、この方が一般的となる〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ものからの関連キーワードあれに格助詞癖に形式名詞ところをとのものかなものでものの程に

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ものからの関連情報