コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ものから モノカラ

デジタル大辞泉の解説

ものから[接助]

[接助]《形式名詞「もの」+格助詞「から」から》活用語の連体形に付く。
逆接の確定条件を表す。…けれども。…のに。…ものの。
「月は有明にて光をさまれる―、影さやかに見えて、なかなかをかしきあけぼのなり」〈帚木
理由・原因を表す。…ものだから。…ので。
「莵道(うぢ)の王(きみ)…みづから宝算(よはひ)を断たせ給ふ―、やんごとなくて兄の皇子御位につかせ給ふ」〈読・雨月・白峯〉
[補説]2は「から」からの類推により中世末に生じ近世擬古文に多く用いられる用法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ものから

( 接助 )
〔形式名詞「もの」に名詞「から(故)」が付いたものから。上代から見られるが、上代ではまだ二語としての意識が強く、中古に至り一語の接続助詞としての用法が成立した〕
活用語の連体形に接続する。
既定の事柄を条件として示し、逆接的に下に続ける。けれども。ものの。のに。 「待つ人にあらぬ-初雁のけさ鳴く声のめづらしきかな/古今 秋上」 「月は有明にて光をさまれる-、影さやかに見えてなかなかをかしき曙なり/源氏 帚木
既定の順接条件を表す。…なので。…だから。 「さすがに辺土の遺風忘れざる-、殊勝に覚えらる/奥の細道」 「みづからよはひを断せ給ふ-、罷事やんごとなくて兄の皇子御位に即せ給ふ/読本・雨月 白峯」 〔は中世から見られるが、近世の擬古文では、この方が一般的となる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ものからの関連キーワードディセンディングソートジオメトリックプリントネックウオーマーピンからキリまでニコチンガムビデオカメラ順列・組合せユレーライト単純反復購買後入先出法先入先出法軽重順序法アテローム修正再購買重複順列立ち待つパチもん形式名詞ピンキリ紙飛行機

ものからの関連情報