コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もので モノデ

3件 の用語解説(ものでの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もので[接助]

[接助]《形式名詞「もの」+格助詞「で」から》活用語の連体形に付く。原因・理由を表す。…ものだから。…ので。「時間がないもので、失礼する」「途中、事故があったもので、遅れてしまった」
[補説]「で」は断定の助動詞「だ」の連用形とも。くだけた話し言葉の中では「もんで」ともなる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

もので

( 接助 )
〔形式名詞「もの」に断定の助動詞「だ」の連用形「で」の付いたものから。一説に「で」は格助詞とも。話し言葉でのくだけた言い方では「もんで」ともなる〕
活用語の連体形に接続する。原因・理由を表す。…ので。 「あんまりはりきった-、ついしくじりました」 「走ってきた-、息がきれる」

もので

( 連語 )
〔形式名詞「もの」に断定の助動詞「だ」の連用形「で」の付いたもの。近世語〕
文末にあって、活用語の連体形に付き、反語の意を表す。 「今の敵がそんな事いふて、誰が相手になる-/浮世草子・化物気質」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ものでの関連キーワード格助詞癖に形式名詞ところをとのものかなものからものの程に儘で

ものでの関連情報