もので

精選版 日本国語大辞典「もので」の解説

もの‐で

連語〙 (名詞「もの」に断定助動詞「だ」の連用形の付いたもの。→もんで)
① 文末で活用語の連体形を受け、反語を表わす。
※浮世草子・世間化物気質(1770)三「今の敵がそんな事いふて誰があい手になるもので」
② 文中で活用語の連体形を受け、原因・理由を表わす。
※隣語大方(18C後)三「既に崩た後は 破た器を合て見る様なもので 役に立ませぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「もので」の解説

もので[接助]

[接助]形式名詞「もの」+格詞「で」から》活用語の連体形に付く。原因・理由を表す。…ものだから。…ので。「時間がないもので、失礼する」「途中、事故があったもので、遅れてしまった」
[補説]「で」は断定の助動詞「だ」の連用形とも。くだけた話し言葉の中では「もんで」ともなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android