コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もので モノデ

デジタル大辞泉の解説

もので[接助]

[接助]《形式名詞「もの」+格助詞「で」から》活用語の連体形に付く。原因・理由を表す。…ものだから。…ので。「時間がないもので、失礼する」「途中、事故があったもので、遅れてしまった」
[補説]「で」は断定の助動詞「だ」の連用形とも。くだけた話し言葉の中では「もんで」ともなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もので

( 接助 )
〔形式名詞「もの」に断定の助動詞「だ」の連用形「で」の付いたものから。一説に「で」は格助詞とも。話し言葉でのくだけた言い方では「もんで」ともなる〕
活用語の連体形に接続する。原因・理由を表す。…ので。 「あんまりはりきった-、ついしくじりました」 「走ってきた-、息がきれる」

もので

( 連語 )
〔形式名詞「もの」に断定の助動詞「だ」の連用形「で」の付いたもの。近世語〕
文末にあって、活用語の連体形に付き、反語の意を表す。 「今の敵がそんな事いふて、誰が相手になる-/浮世草子・化物気質」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ものでの関連キーワード礼は未然の前に禁じ法は已然の後に施す中流に舟を失えば一壺も千金夫婦喧嘩は犬も食わない親は無くとも子は育つランジュヴァンイオン死ぬる子は眉目よし恩の主より情けの主後天性単糖吸収不良ロシアンセーブル流行り物は廃り物敬して遠ざける太平洋型花崗岩熔結流状角礫岩ヘラクレイトス世の中は相持ち叩けば埃が出る自然は飛躍せず源氏物語奥入運は天にあり恋愛至上主義

ものでの関連情報